• nogami65

5~11歳の小児用コロナワクチンについて(4月18日更新)

更新日:4月17日

国の政策に従って、市の集団接種当番や当院での個別接種には小児科医として最大限御協力の予定です。

市の集団接種は3月17日(木)、当院の個別接種は15日(火)から始まりました。


ただ、接種するかどうか、迷っておられる親御さんも多いのではないかと思います。

基礎疾患のある方は優先すべきでしょうが、そうでない方は、ゆっくり、十分に時間をかけて検討されることをおすすめします。


その理由として

第一に、現在流行しているオミクロン株・コロナは、当院のここまでの子どもの患者さんの98%は軽症です。インフルエンザよりも軽症で、重症化のリスクはあまり高くないように思われます。

第二に、この小児用ワクチンの実際の効果は?発熱や頭痛などの副反応の強さは?頻度は?など、正直のところ、まだまだわからない点が多いワクチンです。


わかっていることは、成人用ワクチンと同様に、2年前に最初に中国で流行したウイルスをもとに作られたワクチンであることです。オミクロン株標的のワクチンはまだ開発中です。

成人のワクチンでも効果は2回目接種から2週間以降とされていますので、効果発現には早くても1か月半はかかると思われます。

十分に時間をかけて検討され、親御さんも御本人も十分に納得の上で接種をお受けください。

最新記事

すべて表示

発熱ある方は午前・午後にかかわらず、まずお電話ください。 予防接種や、発熱やカゼ症状などのない、湿疹などの皮膚症状の方は、午前は9時半までの来院をおすすめします。 発熱の有無にかかわらず、咳や鼻水などのカゼ症状や、その他の感染症などの症状のある方は9時半以降の受診をお願いします。

オミクロン株によると思われるコロナウイルス感染症が当地区でも1月から3月まで まだまだ多かったです。 4月に入ってやや少なくなり、検査陽性率もだいぶ減ってきました。 当院でも、できる限りの感染予防対策をとっています。 換気や消毒にこれまで以上に時間をかけ、患者さん同士の接触を防ぐため、待合室も制限して、診察時間を指定したり、出入口も分けさせていただきます。 診察までの待ち時間も長くなりますが御了承